何者にも媚びない、孤高にして究極の
「マイナーなスライドショー」を創りたい。
ほんのささやかなる理想を、
今ここに呼び出そう。

Pure Personal and Independent Work
Creative Commons  Liscence
※2021年1月17日、
この映像作品のライセンスを更新しました。
営利/非営利を問わず、改変は禁止ですが
どなたでも自由に複製、
展示することができます。
これにより、パソコンやタブレット端末などの
商業機器にプリインストールして販売する、
ということも可能です。
使用に関する連絡は不要ではありますが、
左メニューの「CONTACT」からお知らせ
くださると、当方としては嬉しいです。
(著作権表記は、映像末尾に収録されている
ものだけで構いません。)
___________________

この映像の出品予定は永久にありません。
あくまでも「”純粋な”個人制作品」として、
先ずはこのサイトでフリーダウンロードの
無償コンテンツとして提供いたします。

Format: Full HD H.264 .mp4 30fps (Can be Loop Playback)

リナックスを入れた
古いVAIOでループ再生してほしい、
きっとあなたは、感動するはずだから。

_____________________

今の若い人たちに言っても知らないだろうけど、
SONYは昔、パソコンを生産していて、
それは当時、大ブームとなった。
あなたはSONYの作ったコンピュータ、
「VAIO」を覚えているだろうか。

だが悲しいかな、OSは当時のWindowsを搭載し
独自のスライドショー作成ソフトも備えるものの
機能的には今ひとつで、途中からビジネスの展開に
失敗したVAIOは、失速し、やがてソニー本体から
切り離されることになる。

近未来的であり、モダン。
シックであり、クール。
黄金期のVAIOにしびれた当時のユーザーは
決して少なくない。だがしかし、
そんなカッコいいVAIOには、
「あるもの」が決定的に不足していた。

その「あるもの」とは、私見で恐縮だが、
「どこまでもVAIOらしい、ループ再生できる
スライドショー映像コンテンツ」であった。

何度もスライドショー用ソフトを搭載しては
失敗し、結局、別会社化してその寿命が終わるまで、
VAIOを飾れるだけの理想の
スライドショー動画が登場するに至ることは、
残念ながら無かった。

風の噂によればアップル社が、別会社化する当時の
VAIO部隊から、優秀な技術者を多数引き抜いて
かのMacBook Airを作り上げたという。
VAIOに代わって大人気の現在のMacBookシリーズは
今も、かつてのVAIOの技術者たちが
創っているのかもしれない。

15年、僕は真面目に風景を撮り続けた。
そのショット数は、単純に数万回にも及んだ。
より抜いた300枚の中から、映像コンクール用に
14枚を選び、そしてイギリスの映像コンクールで
晴れてファイナリストに選ばれ
受賞を果たした。いわばその映像は
CDで言うところの「メジャーなA面」だった。
その映像は、「SPIRITS DRAWING VF」と名付けられた。

そして手元に残った、マイナーだが美しい写真たち。
残り物には福がある、とはまさにこのこと。
気まぐれに、10枚を選出した。

仕事で駆使する特殊なアフターエフェクツではなく、
あえて通常編集に向くプレミアプロを用いた。
海外の気鋭のプロフェッショナルが創りあげた
スライドショーのテンプレートファイルを、有償で仕入れた。
そして、音楽はとっておきのピアノ曲を自作した。

そして、最強の「B面」、
その名も「SIDE-B」が誕生した。

(数万ものシャッターから、たった10個だけ)
より抜いた。

15年もかけてしまった。

僕の人生に於ける、
ほんの、ほんのささやかなる描いた理想、それは、

「黄金時代のVAIOが、店頭で再生していてほしい、
とてもセンスの良い、静かなループものの
スライドショームービー」というものだった。

やっとできた。

長い、長すぎるくらいの道のりだった、
なぜ僕はこんなよくわからないことに
とことんまで、命がけでこだわり続けたのか。
自分でもよくわからない。

かくして、誰にも媚びるつもりのない、
究極の個人制作ビデオは、

個人のポートフォリオサイトの
フリーダウンロードコンテンツとして、
あくまでもひっそりと、
ごく静かに、世へと放たれたのであった。

(もういいかげん、過去にVAIOにしびれた
我々は未来に踏み出さなくてはいけないという
意味を込めて、あえてロゴ等は採用せず無地としました。)

往年のSONY’s COMPUTERファンに告ぐ。
これをダウンロードし、
ループ再生して、泣いてください。

令和3年1月14日 22:03
「SIDE-B VF」待望の正式リリース